本文へ

安芸高田市行政サイト

お問い合わせ
検索 市民生活ガイド
ここから本文

多数の人が集合する催しにかかる防火管理のお知らせ

安芸高田市火災予防条例の一部を改正しました
(平成26年 8月 1日施行されました)

 安芸高田市では、平成25年 8月15日に京都府福知山市の花火大会会場で露店から発生した火災により、多数の死傷者が発生したことを踏まえ、多数の人が集合する催しで、消火器の準備、対象火気器具等を使用する露店等を開設する場合の届出及び屋外における催しの防火管理体制の構築を図るため、大規模な催しを主催する者に対して火災予防上必要な業務を義務付けることなどを内容とした条例改正を行いました。

1 改正内容

 

(1)消火器の準備

(2)露店等の開設届出

(3)大規模な催しの開催時の防火管理

(1)「多数の人が集合する催し」での消火器の準備 

【条例第18条】

 「多数の人が集合する催し」で、「対象火気器具等」を使用する場合に、迅速な初期消火作業と被害拡大防止の観点から、バザーなどの露店等の開設の有無にかかわらず「消火器」の準備を義務付けます。

 

◆「多数の人が集合する催し」とは

 一時的に一定の場所に不特定多数の人が集まることにより混雑が生じ、火災が発生した場合に危険性が高まる催し、具体的には、祭礼、縁日、花火大会、展示会など第三者が参加するような催しが対象となります。したがって、近親者によるバーベキュー、幼稚園で父母が主催するもちつき大会のように相互に面識がある催しなどは、対象外となります。

 

◆「対象火気器具等」とは

 コンロなど火を使用する器具またはその使用に際し火災の発生のおそれがある次の①~④の器具のことをいいます。

  1. 気体燃料を使用する器具(卓上コンロ・ガスストーブなど)
  2. 液体燃料を使用する器具(発電機・石油ストーブなど)
  3. 固体燃料を使用する器具(炭・薪・かまどなど)
  4. 電気を熱源とする器具 (電気コンロ・電気ストーブなど)
 
 
 
 

◆「消火器」の準備と設置場所について

{消火器を準備する人}・・・対象火気器具等を設置する人

{準備する消火器の種類}・・・ 規格に適合した業務用消火器(水バケツ・エアゾール式簡易消火器具および住宅用消火器は該当しません。)で、また使用期限内で、腐食や変形もないものを準備してください。

{準備する消火器の本数及び設置する場所}・・・ 対象火気器具等1個に対して,消火器は1本準備しましょう。ただし、関係者が初期消火を有効に行える場合は兼用も可能です。

※「兼用」とは?・・・原則はそれぞれの対象火気器具等に対し、それぞれ消火器が1本以上必要ですが、関係者が常時使用できるよう、露店等内に1本以上設置してあればその消火器を使用できるということです。

◎業務用消火器は、天ぷら油火災やストーブ火災に対応している住宅用消火器に比べ、消火能力や使用範囲が優れていますので、業務用消火器を使用してください。なお、住宅用消火器には「住宅用消火器」の表示がされていますので、ご確認ください。

多数の人が集合する催しにかかる防火管理について 多数の人が集合する催しにかかる防火管理について 多数の人が集合する催しにかかる防火管理について

  多数の人が集合する催しにかかる防火管理について  多数の人が集合する催しにかかる防火管理について 多数の人が集合する催しにかかる防火管理について

 

{消火器の貸出しについて}

◆安芸高田市消火器貸出事業実施要綱に基づき、消火器の貸出しを次のとおり行います。

  • 対象者       原則、安芸高田市民(露店等を業としている方は除きます)
  • 条件      露店等の開設届をされた方
  • 貸出本数 開設届出時に必要とされた数
        (※ただし貸出しする消火器の本数には限りがあります)

◆「 消火器貸出申請書

 

(2)対象火気器具等を使用するバザーなどの露店等を開設する場合の届出

【条例45条第6号】

 多数の人の集合する催しに際し、対象火気器具等を使用する露店等を開設する場合は、事前に消防署長へ「露店等の開設届出書」を提出してください。

※届出を行う者は、露店等の関係者となります。露店等の開設届出書に開設場所及び消火器の設置場所に係る略図を添付して3日前までに消防署長へ2部提出してください。なお、複数の露店が開設される場合、個別に提出を行うのではなく、当該催しの主催者など、露店等の開設を統括する者等ができるだけ取りまとめて消防機関へ提出してください。 

◆「 露店等の開設届出書

 

(3)屋外での「大規模な催し」を開催する場合の防火管理 (指定催しの場合)

【条例42条の2・条例42条の3】

 消防長は、多数の人が集合する催しで、安芸高田市での屋外の大規模なものとして消防長が定める要件に該当するもので、火災が発生した場合に人命または財産に特に重大な被害を与えるおそれがあると認めるものを「指定催し」として指定します。

 また、「指定催し」の主催者には、次の3点を義務付けます。

  1. 指定催しの主催者は「防火担当者」を定めること。
  2. 指定催しの主催者は防火担当者として選任し、火災予防上必要な業務に関する計画を作成させるとともに、当該計画にしたがって「火災予防上必要な業務」を行わせること。
  3. 指定催しを開催する14日前までに「火災予防上必要な業務に関する計画」を消防長へ提出すること。

◆「大規模な催し」とは

  1. 安芸高田市内で開催される屋外催し
  2. 主催する者が出店を認める露店等の数が100店舗を超える規模のもの

◆「防火担当者」とは

 大規模な屋外催しで対象火気器具等を使用する場合には、会場に多くの人が集まり混雑が生じることで、火災発生時には消火および避難が困難になり、被害を拡大させるおそれがあります。こうした催しを主催する者の責任と役割を明確化し、必要な防火管理体制を構築するため「指定催し」の主催者に「防火担当者」の選任を義務付けます。

 防火担当者は、火災予防上必要な業務に関する計画を作成し、当該計画に従って「指定催し」の関係者に対し必要な指示を行います。

 

◆「火災予防上必要な業務」とは

  • 「防火担当者」その他火災予防に関する業務の実施体制の確保に関すること。
  • 対象火気器具等の使用および危険物の取扱いの把握に関すること。
  • 対象火気器具等を使用し、または危険物を取扱う露店等および客席の火災予防上安全な配置に関すること。
  • 対象火気器具等に対する消火準備に関すること。
  • 火災が発生した場合の消火活動、通報連絡および避難誘導に関すること。
  • その他火災予防上必要な業務に関すること。

◆「 火災予防上必要な業務に関する計画

 

※罰則【条例49条・条例50条】

 「指定催し」の主催者に対して、火災予防上必要な業務に関する計画を消防機関へ提出しなかった場合、30万円以下の罰金を科することを定めました。


消防本部
〒731-0501 広島県安芸高田市吉田町吉田751番地1
TEL 0826-42-0931 FAX 0826-47-1191

アクセス数:3292

安芸高田市役所
所在地:〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田791番地 [地図] 電話:0826-42-2111(代) FAX:0826-42-4376
開庁時間:月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日、12月29日~1月3日を除く)