本文へ

安芸高田市行政サイト

お問い合わせ
検索 市民生活ガイド
ここから本文

下佐振興会 かかしコンクール昨年に続き金賞

body01.jpg

たかみや大地のまつり「かかしコンクール」で高宮下佐振興会は栄えある金賞を獲得した、案山子づくりのドラマを報告します。

たかみや祭りに関して第一回目の会議9月4日、第二回目会議9月28日、第三回目会議10月15日と各取り組みが決められ、文化部担当は案山子づくりです。NHK大河ドラマ「風林火山」がテーマに選ばれました。下佐の広報紙や地域の方々の口コミで“かかし作りを楽しみましょう” 見るだけでもいいです。10月18日の夜8時です。みなさんおいでください!!と呼びかけしました。
当夜集まった協力者は19名でした。

body02.jpg

集まった材料の山・山・山。きれいにそぐった藁、籾殻の袋、杉の丸太で作った馬のほね、ダンボールの山、しゅろの皮、すすきに葦の穂、はがま(昔ごはんを炊いていた)、剣道の胴着、おもちゃの刀、大工道具、竹、縄、針金、スプレー、長手袋、白足袋、背広のズボン、男物の下着、カーテンの布、わらじ・・・まだまだ沢山の材料の山でした。 

勘助:もみがらを入れた頭・ちょん髷はしゅろ・足や手ももみがら・胴着もつけられました。鋭い目も入りました。 陣羽織も着せてまずまず順調に出来上がりました。

馬 :杉丸太の骨組みに竹の輪で胴体・耳はコミュニテイーのスリッパ・体全体はしゅろの皮でおおわれました・しっぽは葦の穂とすすきの穂で・昔牛の背中に乗せた鞍がのりました・おおっ…きつねが馬に化け損なってしっぽだけ残しとら〜や としっぽが笑われています。

武田晴信:胴が長すぎて馬に乗せても妙に変です。それにまっすぐに乗せられません なさけない姿です。う〜〜ん、おろせぇや 乗せてみよう おろそうや う〜〜ん、休憩 休憩 武田晴信がなかなかうまくいきません。

馬の引き手:作るまぁか
    
文化部長がみなさんもう明日になりました。 案山子は又明日(明日はもうきてる)にしましょう 十二時をまわり一時がきそうです。
あくる日またまた有志たちがあつまりました。午後四時ころには集まって晴信と引き手のかかしに挑戦。当日なんと 晴信は馬にまたがっていました。凛として背筋も伸び、はがまの兜も凛々しく立派に戦いにいどんでいる姿です。
お〜〜!!なんと素晴らしい感激。トラックに乗って会場へ・・・馬の前には好物のにんじんがぶら下がっています。審査の結果は金賞のカードが輝いています。

下佐振興会会長は「うれしゅうて、うれしゅうて」と下佐の汗の結集で獲った金賞に満面の笑みでした。
         
写真はコミュニテイーセンターに展示しました。ごらん下さい どんなかかしでしょう?

高宮支所
〒739-1802 広島県安芸高田市高宮町佐々部983番地2
TEL 0826-57-0311 FAX 0826-57-1654

アクセス数:1516

安芸高田市役所
所在地:〒731-0592 広島県安芸高田市吉田町吉田791番地 [地図] 電話:0826-42-2111(代) FAX:0826-42-4376
開庁時間:月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日、12月29日~1月3日を除く)